読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハロトレWebデザインの勉強03月14日開講クラス授業補足ブログ

マークアップの練習

復習マークアップ

これからWeb制作をするために勉強したいこと

Webサイトを作成するには、どんな知識と技術が必要になるのでしょう?専門用語が多い Web制作の現場では、言葉ひとつとっても初心者さんには分からないものが多いと思います。まずは Webサイトがどんなプログラム言語で記述されているのかを見てみましょう。

使用される言語

Webサイトは、主に以下のもので記述されています!

HTML
CSS
JavaScript

HTML

HTML は Webサイトの骨格となる基本の部分。まずは HTML がなければはじまりません。Webサイトのコンテンツを「文章」として記述するための言語です。

CSS

CSS は、HTML でマークアップされた Webサイトのデザインを整えるために記述します。Cascading Style Sheets の略で、スタイルシートと呼ばれるように、ページの「スタイル」(デザイン)を指定するために必要になります。

JavaScript

JavaScript はブラウザ上で動くプログラム言語。主に HTML や CSS だけでは表現できないことを補う目的で使われます。学習が必須という訳ではありませんが、覚えておくと Webサイト上での表現に幅がでるので、ぜひ覚えたいプログラム言語のひとつです。
正しい文書構造を記述する
  • メインテーマの最優先見出しを決める
  • 要約
  • 内容を分かりやすくする箇条書き
  • それを説明する、見出しと本文
応用
  • HTML、CSSJavaScriptの項目には、リンクを追加記述しなさい
  • HTML、CSSJavaScriptの見出しと本文を表組として記述しなさい